This is the "Home" page of the "●社会と歴史(国際援助と公的部門の役割)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

●社会と歴史(国際援助と公的部門の役割)   Tags: 2014年度シラバス  

最終更新日: Mar 19, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/201405660050Q6 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

●社会と歴史(国際援助と公的部門の役割)

戦後賠償とリンクして始まった日本の国際援助(ODA)の歴史と現状、その仕組みを概観し、日本の戦後史の一断面を理解することを目的とする。加えて、国際社会の政治経済、開発援助の歴史を追うことで、現在の国際関係を理解する一助とすることも目的とする。

キーワード

開発経済 経済成長 貧困

ODA NGOs ミレニアム開発目標

授業担当教員名

加藤 誠治

長崎大学 

国際連携研究戦略本部 教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

本のタイトルをクリックすると長崎大学の所蔵が確認できます

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

OPAC、カーリル及びCiNii Booksで学内及び近隣の図書館にある関連図書を探してみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
参考調査担当
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip