This is the "Home" page of the "心身の健康と生命Ⅱ(性と命Ⅱ(いのち))" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

心身の健康と生命Ⅱ(性と命Ⅱ(いのち))   Tags: 2014年度シラバス  

最終更新日: Nov 4, 2014 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20140587001301 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

心身の健康と生命Ⅱ(性と命Ⅱ(いのち))

母親の卵子と父親の精子とが受精し,授精胚になる。受精胚は細胞分裂を繰返 しながら,子宮内膜に着床することで妊娠が成立する。その後,ヒトは胎芽期から胎児期までを母親の子宮内で過すことになる。出生後は,新生児期、幼児期、 思春期を経て,生殖年齢に達すると次の世代を生み出す。そして、大人へと成長したヒトは,更年期から老年期を過しのちに生命の終焉を迎える。これはヒトの 生命の誕生から死に至る過程であるが,医療の現場では生殖補助技術の発達と共に様々な生殖の可能性が恩恵と共に様々な問題が生じている。例えば,体外受精 により,不妊症で従来の治療では自然妊娠できないヒトも妊娠することが可能になった。また,新たな生命は生殖細胞の受精による受精胚から誕生するもので あったが、クローン技術の発達により,体細胞から生命が誕生しうる時代へと突入している。一方,生殖を男性と女性という性の視点から考えてみると,性同一 性障害などの問題も明らかになっている。本講義では,生殖の視点を通じて,生命の発生から死に至る過程と医療の発達に伴いヒトが受けた恩恵と様々な問題に ついて紹介する。本講義を通じていのちの意義ついて理解を深めて頂きたい。 

キーワード

キーワードは指定されていません

  • 連想される図書を見てみよう

授業担当教員名

三浦清徳

長崎大学 医歯薬学総合研究科 准教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

教科書・教材・参考書の指定はありません

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

OPAC、カーリル及びCiNii Booksで学内及び近隣の図書館にある関連図書を探してみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

Subject Guide

Profile Image
松村 悠子

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip