This is the "Home" page of the "ヒトの生物学とストレスⅠ(ヒトの生物学)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

ヒトの生物学とストレスⅠ(ヒトの生物学)   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Jun 11, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20150586001301 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

ヒトの生物学とストレスⅠ(ヒトの生物学)

生命現象を担う基本分子であるタンパク質や遺伝子の構造とその働きを理解しよう。これらの生体分子の活動の場である細胞の構造と機能を学ぼう。さらに,これらが統合された形でどのように生命活動を営むかを理解しよう。種々のテーマに関するグループ学習を通してみずから進んで学ぶスタイルを身につけよう。 本授業により生命としてのヒトを理解するための基礎知識とactive learningの学習スタイルを身につけることが本科目のねらいである。  

キーワード

遺伝子 タンパク質 細胞 発がん 情報(シグナル)伝達 感覚 神経 味覚 嗅覚 脳

授業担当教員名

根本 孝幸

長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 教授

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip