This is the "Home" page of the "暮らしに活かす情報技術Ⅰ(情報社会の安全と安心)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

暮らしに活かす情報技術Ⅰ(情報社会の安全と安心)   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Jun 10, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20150586012901 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

暮らしに活かす情報技術Ⅰ(情報社会の安全と安心)

私たちは日々ICTに依存する生活を営んでいる。スマートフォンやタブレットから、ネット家電まで、私たちの生活は実体が見えにくいICT機器があふれている。さらに、SNSやオンラインストレージといった、ネットサービスを利用している人も少なくないだろう。 このことは個人に限らず、社会全体にも言える。様々な情報が電子ファイルと化しネットを飛び交うようになって、様々なビジネスに活かされている。 ICTによって、私たちの生活が便利になった一方、ウイルス、不正アクセス、情報漏えい、不適切な情報発信といった、情報セキュリティの問題を生じさせてきた。 この科目では、利用する人や技術の視点から、情報セキュリティの問題とどのように付き合っていくか考える力を養う。第1回~第10回は座学を中心として、情報セキュリティ上の脅威や対策の基礎について学習する。第11回~第15回は、グループ学習で、架空の学科事務室における情報セキュリティに関するルール作りを行い、座学の学習内容を応用する術を学ぶ。「情報基礎」の内容のうち、情報セキュリティについて発展的な内容を扱う。

キーワード

情報セキュリティ、情報セキュリティリスク、リスク管理、個人情報保護

授業担当教員名

上繁 義史

長崎大学 ICT基盤センター  准教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

教科書は指定なし。教材として、毎回講義資料(スライド)をLACSを介して配布します。

 

参考書(一部)は以下

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip