This is the "Home" page of the "国際社会を理解するための多様な視点Ⅰ(国際的視点に立った法と政治)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

国際社会を理解するための多様な視点Ⅰ(国際的視点に立った法と政治)   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Jun 10, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20150586017701 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

国際社会を理解するための多様な視点Ⅰ(国際的視点に立った法と政治)

人間が集団生活を営むためには、様々な決まりやルール、即ち法を定めておかなければならない。しかも、国際的交流が飛躍的に増加すると考えられる21世紀においては、自らが生活する国・地域の法のみならず、異なる歴史・文化を有する国・地域の法についても理解できる能力を養っておくことが重要である。この科目においては、国際法に関わる交渉に参加した経験を有する教員の指導の下、そもそも法とは何かを学んだ上で、他の国・地域の法、さらには国際社会を規律する国際法を概観し、法の多様性を理解するとともに、そうした法を生み出す場である政治の現実についても学ぶことを通じ、グローバル化が進展する世界において必要とされる人間の多様性を理解することのできる能力を養う。  

キーワード

法、法の背景としての歴史・文化、法を生み出す政治、利害調整、多様性

授業担当教員名

嶋野 武志

長崎大学 産学官連携戦略本部 人材育成部門  教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

教科書は特になし。(但し、授業開始後、必要に応じて指定することはある。)

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip