This is the "Home" page of the "人の暮らしと海洋生物資源Ⅱ(生物から見た水産業)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

人の暮らしと海洋生物資源Ⅱ(生物から見た水産業)   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Jun 10, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20150587019701 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

人の暮らしと海洋生物資源Ⅱ(生物から見た水産業)

海洋は生物、鉱物、エネルギーなどの様々な資源の宝庫ですが、環境共生型の社会を実現するためには、これらの貴重な資源を有効に利用し、持続的に維持していく必要があります。漁業には、生物資源の特性を理解し、適切に管理し、効率的に漁獲をすることが求められる一方で、漁獲対象とならない希少種を保護する責任も求められています。本講義では、海洋生態系と漁業活動の基礎的な相互作用について、理解することを目的とします。 

キーワード

水圏生物、水産資源、漁業管理、生活史・生態学的特性、海洋環境、行動

授業担当教員名

天野 雅男

長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科 水産科学領域 教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

本のタイトルをクリックすると長崎大学の所蔵が確認できます

適宜、関連の論文等を講義資料として配付する

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

OPAC、カーリル及びCiNii Booksで学内及び近隣の図書館にある関連図書を探してみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip