This is the "Home" page of the "構造振動学演習" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

構造振動学演習   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Feb 2, 2016 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20153740000901 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

構造振動学演習

構造振動学で学んだ知識を確認・体得し、基礎的な振動解析能力を身につけさせる。併せて、コンピュータを用いた数値解析の初歩的技術も身につけさせる。【構造工学コースの学習・教育目標】(B-2)(D-1)に対応している。  

キーワード

固有振動数、減衰比、自由振動、強制振動、共振、多自由度系、固有モード、振動事故、連続体

授業担当教員名

吉武 裕

長崎大学 大学院工学研究科 システム科学部門  教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

「構造振動学」で配布したテキストを用いる。

「構造振動学」で紹介した参考書を用いて自宅学習すること。

FORTRANを用いた振動解析では「アルゴリズムと言語処理」で用いた教科書「FORTRANプログラミング」を用いる。

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

OPAC、カーリル及びCiNii Booksで学内及び近隣の図書館にある関連図書を探してみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip