This is the "Home" page of the "文化のなかのエコノミー" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

文化のなかのエコノミー   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Jun 15, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20154810003001 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

文化のなかのエコノミー

人々の文化的な行為を通じて経済活動が活発になること、経済活動が成熟化するにつれて様々な文化的欲求が高まることから、文化と経済活動は切り離せない関係にある。また様々な人間活動は、経済学の見方を取り入れることで、その背景や理由をより詳しく理解することができる。本講義では人間活動の蓄積である文化・文明や歴史、更には社会的な慣習を踏まえて成立してきた経済現象を取り上げる。身近な事例を基にそれぞれの文化的価値を検討し、背景となる経済学の知識を学び、自身の意思決定にも役立てることを目指す。適宜日本だけではなく他国における経済現象や人々の考え方を比較しながら、他文化との相違を探る。本講義を通じて、社会の基盤となる文化・文明や歴史を理解し、経済現象の多様性を理解することで、多文化社会における経済問題の位置づけを考える。  

キーワード

インセンティブ 選択 文明史 交易 世界システム論

授業担当教員名

小松 悟

長崎大学 多文化社会学部 准教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip