This is the "Home" page of the "アフリカ諸言語からたどる文化" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content

アフリカ諸言語からたどる文化   Tags: 2015年度シラバス  

最終更新日: Jul 7, 2015 URL: http://guides.lb.nagasaki-u.ac.jp/20154820006001 ガイドを印刷する RSSの更新
Home ページを印刷する
  検索: 
 

授業科目名

アフリカ諸言語からたどる文化

アフリカ大陸およびその周辺には「アフリカ語」はない。そこでは数百におよぶ言語が使用されているが、それらが複数の系統に分類されており、またほぼすべてが無文字言語である。情報伝達手段としての「太鼓ことば」が用いられていたり、多くの人々がマルチリンガルであることなど、アフリカの言語状況は社会背景を如実に映し出しているといえる。この講義では、そうした土着言語のいくつかを紹介しそれが人々の生活を密接に関わっていること、英語やフランス語といったヨーロッパ由来の植民地言語が根づいていること、地域共通語であるリンガフランカがひろく使用されていること、そして言語が次世代の教育問題と不可分であることなどをとりあげ、学生のアフリカ理解に寄与することを目的とする。この講義に真剣に取り組んだなら、受講生は8言語で挨拶を交わすことが出来るはずである。  

キーワード

アフリカ 多言語 多文化

授業担当教員名

増田 研

長崎大学 多文化社会学部 准教授

 

教科書・教材・参考書を読もう

本のタイトルをクリックすると長崎大学の所蔵が確認できます

学内及び近隣の図書館にある関連図書を読んでみよう

OPAC、カーリル及びCiNii Booksで学内及び近隣の図書館にある関連図書を探してみよう

電子版が入手可能な関連論文を読んでみよう

CiNii Articlesで電子的に入手可能な国内の関連論文を探してみよう

Subject Guide

Profile Image
図書館(参考調査担当)
お問い合わせ先
eメールを送る

このガイドで使ったサイト

説明

Loading  処理中...

Tip